『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』オフィシャルサイト

DVD発売バナー.jpg

2011年04月10日

初日は大盛況!


image-20110410003156.png
こんばんは。宣伝スタッフです。

みなさまな応援もあり無事初日を終えることができましたーーー!!

ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございますo(^▽^)o


image-20110410003422.png

image-20110410003521.png

image-20110410003552.png

これから2週間、頑張ります!
そしてご来場いただきました皆さま、ぜひtwitterやブログで感想いただけますと、励みになります(>_<)


image-20110410003808.png

ありがとうございました!
posted by KATO YUKIHIRO at 00:40| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

公開初日まで、あと7日!

NEWS(2011/4/2)

気が付けば、
「人の善意を骨の髄
まで吸い尽くす女」
劇場公開初
日まで、あと7日です。

長い間、更新が滞っていましたが
イロイロな方たちから、「人の善意…」に向けて、
ドドンと、御三方からコメントを頂きました!ありがとうございます。


タイトルからすると意外なことに、劇中の山田真歩はイヤな女ではなく、弱々しさも見え隠れして、むしろカワイイ。
それにしても物語は乱暴な展開で、それは観ているこちらの興奮を呼び起こします。
他人の悪意や自身の邪念と向かい合ってきた監督の、わだかまりの結晶!だと思う。
八王子真也ピクトアップ編集部

自主映画の撮影に少しだけ参加したことがありました。
そこで感じたことはまさに、
「自主映画は、人の善意で回ってる」
今現在の日本も、国内外の数多の人の善意で回っています。
私たちは、山田のようになってはいけない……。
映画と社会はつながってると、実感しました。させられました。
 

ライター皆川ちか)


面白かったです!

『SR2』でボロ泣きした私ですが、山田真歩さんの豹変ぶりにびっくり。でもなんだか可愛かったですね〜。最後まで笑えました。
自主制作の現場って、「若きクリエイターたちが集まって…」みたいにかっこよく言われがちですが、実際はこんなに情けないものだったのか!

黛木綿子テレビブロス編集部

Extra 01.jpg


posted by KATO YUKIHIRO at 14:30| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

東日本大震災について

3月11日のあの悲劇により、
今現在、たくさんの映画が公開延期になっています。

(「ヒアアフター」「唐山大地震」など自然災害を題材にした映画ならまだしも、
「ザ・ライト」といった、全く地震とは関係ない映画まで…)

私の所にも、たくさんの方達から、御心配のお声を頂いております。

本来でしたら、
こんな時期に、私どもの映画を上映することは「不謹慎」なことであり、
多数の人を不快な思いにさせてしまかねない事なるのかもしれません。

そんな現状ゆえに、このホームページの更新も、数日間は控えていました。

しかし、現実として…
「人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女」(キツイ題名で毎度ごめんなさい…)
の、公開初日4月9日は着々と近づいています。
その現実を、ただ何もせずボーと見ていることは、私にはとても出来ません。

じつは、震災前の3月5日に、私はある仙台在住の知人女性に
今回の上映に向けて、ある女性にあるお願い事をしていました。
しかし、スケジュール調整などをしている途中の3月11日、あの大震災が起こりました。
そして、震災から数日経った3月15日、その女性から私へ一通のメールが届きました。
私は、そのメールを読んだ時、
彼女が無事だったことに心底ホッとしたのと同時に、その内容に強く心を打たれました。
そのメールの文章の一部を勝手に抜粋。(M子さんゴメンナサイ!)

「…撮影楽しみにしていたんだけど、たぶん行けない。すまん。
でも誘ってくれたこと、今も生きる希望になってるよ。
ありがとう。ほんとうに。
どうか作り続けてください。
また会おう。」

逆に励まされてしまった…

この人は、私の大学時代の先輩だ。しかし、私が卒業して以来、7年近く会ってない。
そんな7年間音信不通だった後輩のお願いを、この人は無視せずにちゃんと対応してくれた。
結局、残念な結果になってしまったが…、
私は、この人と、いつか再会するための準備として、
「人の善意…」の上映に最善を尽くさなきゃいけないと思っている。

たとえ、私どもの映画を上映することが「不謹慎」だと言う人がいたとしても、
それを「自粛」することが、今回の地震の被災者の望んでいることでは無いと、
私は今、確信を持って言う勇気があります。

だから…、節電や支援活動にも協力しながら、頑張って行きまので…、
どうか今後とも、
「人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女」をよろしくお願いいたします。

最後に、3月11日に発生した「東日本大震災」で、
お亡くなりなられた方たちの御冥福を、心よりお祈りいたします。
1日でも早い日本の復興を願っています。

映画監督 加藤行宏

posted by KATO YUKIHIRO at 11:32| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。